目薬よくなくす

たまに心臓めっちゃ痛い

Graveyard Keeper ファーストインプレッションと序盤の攻略

 

 

数日前に配信が開始した Graveyard Keeper、グラフィックに強く惹かれ 衝動買いしてしまった。

ドット絵なのに、草木が"ゆらぐ"。川の光の反射のパーティクル。ドット絵なのに物体に対して光の反対側に影が回り込む。

グラフィックをいっそう魅力的にする このあたりの謎技術は、レトロなドット絵と最新技術を掛け合わせるという意味でOCTOPATH TRAVELERに似たものを感じる

 

8時間ほどプレイしてゲーム内の時間が100日経過した時点で簡単に感想を書いてみる

 

ジャンルとしては牧場物語と同じジャンルになると思う

ただし主人公が墓守で、運ばれてきた死体を埋め、時には解剖して肉を取り出し売りさばき、状態が悪い死体は川に流す・・・みたいに世界観はかなりダーク。

 

 

イクラのようなやめられない面白さ

作業をしていると、できることが増える。できるようになったことをやっているとまたできることが増える。建築 鍛治 農業 調理 医学 神学 錬金術 文学・・・

なにをやるのも自由で、やらなければならないこともない。何かに縛られることはないので、気の向くままにプレイできた。

 

 

自由であるが故に、なにをすればいいか分からない どこから手を付けたらいいか分からなくなることがあった。また、難易度が難しいというか複雑で、目的AのためにはBが必要で、BのためにはCが、Cのためには・・・みたいになる。Cが完成したころには、あれ?これで何がしたかったんだっけ?となることもあった。

 

それを乗り越えて、物語が進行したり、行動範囲が広がったりしたときは感動してしまう。未知を自分で切り拓いていく感覚が楽しさにつながっている。

 

 

 

[序盤の攻略]

ここからは攻略。ネタバレでもあるので注意

現在日本語の攻略がほとんどないので、詰まった時に苦労したことを書いておく。

・墓場の質を[+5]にするまで

墓場の質を上げるには墓標と墓柵があればいいけど、そのために色々と奔走することになる。一番悩んだのは、[クギ]。[クギ]のためには[鉄]。[鉄]を作るために[炉]が要る。[炉]を建設するには[単純な鉄部品]が必要で、[単純な鉄部品]は[鉄]から作る。・・・ループしている。

これは、村の鍛冶屋で[単純な部品]を買うことで解決する。鍛冶屋は村の南東にある。

お金は埋葬証明書を酒場で売ったり、村の北にいる大工に石を売ったりして手に入れた。

炉が建設できれば、自分の家から北に行ったところで手に入る鉄鉱石から鉄ができる。

運ばれてきた死体で状態が悪いものは破棄するのもより早く[+5]にするためには必要な選択かも。死体は川に棄てることができるが、川は町に繋がっているらしい。棄てることで今後何が起こるかはまだ分かっていない。[+5]にするまでに3体ぐらい棄てちゃった

 

・鉄鉱石が手に入らない

家の北の鉄鉱石を全て掘ってしまい、鉄鉱石が手に入らなくなり詰まった。

これは鉱脈から手に入れる。

家の北西の養蜂場から北に行く道を、切り拓くと森がある。森の西の川は渡るところがあり、そこから西に行くと鉄鉱石の鉱脈がある。森の北側には石炭の鉱脈もある。

 

・青ポイントはどうやって手に入れる?

序盤はずっと0になっている青ポイント。テクノロジーを解除するのに必要になる。

今のところ2つの入手方法が分かった。

一つは占星術師から青の本を買う。青の本は使用すると25の青ポイントが得られる。

もう一つは研究による。死体を解剖して得た素材(骨・皮膚 等)は教会の地下の研究テーブルで研究することで青ポイントが手に入る。

 

・ロバの車の油

油も探し回った。村の東の外れにいるディグという変人から買える。日本語訳で名前が[掘る]になっていて笑う。

 

 

詰まるたびに地方を歩き回り、それでもダメなら言語をEnglishに設定し、見つからないものの単語でググって 英語のフォーラムを頑張って読んでゲームを進めた。まだまだやりたいことはいっぱいあるぞ 俺の時間どこまで溶けてしまうんだ

 

f:id:nots39:20180818032432p:plain